チャイ

インドの煮出し式ミルクティー「チャイ」。たっぷりのミルクとコクのある茶葉で、トロりと甘いあったかチャイをお愉しみください♪ 「スパイスの宝庫」スリランカとインドから選りすぐった本格スパイスもご用意しました!
煮出し式ミルクティー「チャイ」
チャイのイメージ

チャイ用スパイス

マサラチャイスパイスのイメージ

マサラチャイスパイス

当店のスパイスは色が違います!形が違います!香りが違います!!甘い香りの広がるピュアなセイロンシナモンをはじめ、カルダモンやジンジャーなど、スリランカとインドから高品質なスパイスをホールのまま直輸入。それらをぜいたくに粗めに砕き、チャイ用に独自にブレンドしました。本格チャイがおうちで簡単に作れます♪

原材料

シナモン, カルダモン, クローブ, ナツメグ, ジンジャー, ブラックペッパー

おすすめレシピ

500mlのチャイに対して約1g(ティースプーンすりきり一杯)
15gパック 500円 

チャイ用スパイスと紅茶のセット

マサラチャイセットのイメージ

マサラチャイセット

ミルクと相性がピッタリの紅茶と本格スパイスをセットにしました。

スパイス

マサラチャイスパイス15gパック

紅茶

ディンブラ・ラクサパーナ茶園DUST1100gパック
セット価格 1800円  セット
お客さまの声

チャイまめ知識

「チャイ」ってなに?

関連ページ

『チャイ』とは、もともとは単に「お茶」を意味する言葉です。お茶の起源である中国の広東語系の呼び方「チャ」を語源としています。その昔、モンゴルの騎馬民族やアラブの隊商などにより、主に陸路を通じて「お茶」が伝わった地域(アフガニスタン、イラン、トルコやロシア、ポーランドなど)で使われているようです。

…が、今では世界最大の紅茶消費国であるインドの「煮出し式ミルクティー」として知られています。インドでは高級茶は専ら輸出用であり、国内に出回る安いお茶をしっかりとおいしく出すために、そして衛生的に水分や栄養を摂るために、煮出し式ミルクティーである「チャイ」が編み出されたようです。インドに行くと、街中のいたるところでチャイを片手に話し込んでいる現地の人々の姿を目にします。

日本ではこの「煮出し式ミルクティー」は、「チャイ」のほかにも、「インド式ミルクティー」「セイロン風ミルクティー」「ロイヤルミルクティー」など、色んな言葉で呼ばれています(ただしスリランカ[セイロン]では煮出したミルクティーを見たことがありません(^^))が、多少の手順の違いこそあれ、みんな同じ飲み物です。

「マサラスパイス」とは?

マサラ」とはヒンドゥー語で「混ぜたもの」。スーパーなどのスパイス売り場では「ガラムマサラ」と呼ばれるスパイスをよく見かけますが、「ガラム」は「辛い」を意味することから、ガラムマサラは「辛い混合スパイス」を意味します。

日本の七味唐辛子などとは違い、これといった決まったレシピがあるものではなく、インドではそれぞれの家庭で何種類かのスパイスを混ぜて作る「マサラ」スパイスそのものが家庭の味となるようです。

当店のマサラスパイスは、シナモン、カルダモン、クローブ、ジンジャーなどを中心に、チャイをおいしくいただくために、独自のレシピで配合したものです。お好みに合わせて他の香辛料を加えて、自分だけの「マサラ」スパイスを作ってみても面白いですね。

紅茶販売/通販

産地で選ぶ

飲み方で選ぶ

新着順で選ぶ

人気順で選ぶ

ギフトを選ぶ


紅茶販売/通販について
郵便振替 代金引換 コンビニ決済
全国36,000店舗でのお支払いが可能です

ポイント10〜15%還元!▶▶

紅茶の感想を送る?▶▶

法律に基づく表記▶▶