ルフナ

ルフナはスリランカ南部で作られるローグロウンの茶葉。今やスリランカ最大の紅茶の産地となったルフナから、近年注目を集めているルフナのトップクオリティをご紹介します。
ルフナの紅茶
ルフナ '10ピーククオリティ ルンビニ茶園 FBOPFEXSP

ルフナの紅茶

ルフナ '10ピーククオリティ ルンビニ茶園 FBOPFEXSP

黒糖を思わせるコクと甘い香り、やわらかくすっきりとした飲み口。ルフナのおいしさを余すところなく表現した芯芽たっぷりのトップグレードです。
50g:\1200/100g:\2000/40g缶:\1210ルフナ '10ピーククオリティ ルンビニ茶園 FBOPFEXSPの詳細へ

ルフナ '10ーククオリティ ルンビニ茶園 FBOPFEXSPのイメージ

ルフナの特徴

ルフナは、スリランカ南西部の標高2000フィート(約610メートル)以下の地域に拡がるローグロウン(低地産)の紅茶の産地。「ルフナ」と呼ばれる地域は、ディンブラのある山岳地帯をさらに南下したところから始まり、宝石で有名なラトナプラ周辺や、その南部に位置するデニヤヤ、島の最南端のマタラ、世界遺産の街並みでも知られるゴール周辺など、かなりの広い範囲にわたっています。スリランカで作られる紅茶のうち60%以上は低地産が占めており、それを支えているのがルフナなのです。

ルフナの紅茶は、スリランカ最大の紅茶バイヤーであるロシアや中近東の国々で人気が高く、その購買力を背景に品質の向上も伴い、現在スリランカで最も高値で取引される産地となりました。日本ではスリランカの代表的な産地として知られるウバでさえ、クオリティーシーズンが終わると、わざとローグロウンに似たタイプの茶葉が作られるほど。これは近年のローグロウンの人気を象徴する事柄と言えるでしょう。

製茶の工程で、ハイグロウン(高地産)で見られるようなカッティング(茶葉を細かく切り刻む工程)を施さないリーフタイプのものが中心で、茶葉の大きさを表すグレード(等級)もハイグロウンとは全く基準が異なります。

ルフナで作られる紅茶は、低地産らしい土の香りとちょっと焦がしたような強い味がありながら、渋みが少ないのが特徴。黒々とした外観の茶葉から抽出されるカップは深い濃赤色で、ミルクティーにも映える色です。ルフナの多くは香りよりも味の強さが特徴的なのですが、近年一部の茶園では同じ低地産のアッサムにも似た甘い香りを携えた高品質な茶葉が作られています。

製茶は一年を通して行われており、ハイグロウンに見られるような特徴が際立つ季節「クオリティシーズン」は厳密には存在しませんが、茶園によっては比較的ドライな時期となる1〜3月または8〜10月頃がクオリティが良くなる傾向があるようです。

紅茶販売/通販

産地で選ぶ

飲み方で選ぶ

新着順で選ぶ

人気順で選ぶ

ギフトを選ぶ


紅茶販売/通販について
郵便振替 代金引換 コンビニ決済
全国36,000店舗でのお支払いが可能です

ポイント10〜15%還元!▶▶

紅茶の感想を送る?▶▶

法律に基づく表記▶▶